ブログ

最新記事

新酒特集
今年の新酒が続々入荷中!

2019.11.24年末年始の営業予定

いつもご利用いただきありがとうございます。
酒舗 清水屋の年末年始の営業予定は下記の通りです。

【小海本店】
営業時間:9時半~19時(日曜定休)、電話:0267-92-2044
休業日:12/1(日)、8(日)、15(日)、22(日)、1/1(火)~2(水)、5(日)、7(火)~9(木)
※12/31(火)・1/3(金)は、18時閉店

▽小海本店の営業カレンダー
小海本店営業カレンダー

【佐久平店】
営業時間:11時~19時(水曜定休)、電話:0267-88-7830
休業日:12/4(水)、9(水)、11(水)、18(水)、1/1(火)~2(水)、7(火)~9(木)
※12/29(日)・30(月)は、10時~19時まで営業
※12/31(火)は、10時~17時まで営業
※1/3(金)は、11時~17時まで営業

▽佐久平店の営業カレンダー
佐久平店営業カレンダー

ちなみに、例年12月29日~31日は、非常に混雑します。
駐車場に入れないことも・・・
ゆっくりお買いものされたい方は、
年末最後の三日間を避けてのご来店をおすすめします。
みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げます。

★お問い合わせ・ご注文は、shop@shimizuya.infoでも承っております。



2019.04.13待望の入荷「SAKU13」

佐久13蔵共同醸造「SAKU13(サク サーティーン)」が本日入荷しました!

今年は2018年に「茜さす 純米大吟醸」がANAのファーストクラスに採用されたことで
一躍有名になった土屋酒造店!

『地域に根差した自然派のビオ日本酒』をテーマに、地元産の稀少なJAS有機認定米を使用しました。
原酒でアルコール分13度とやや控えめに、親しみやすい果実様の酸味や旨みを
引き出しました。

華やかでやわらかいお酒に仕上がっています。
GWのお土産にぜひどうぞ!

◆SAKU13 純米大吟醸 BIO THIRTEEN

720ml箱入り 税込 2,484円(税抜 2,300円)

2019.04.11【完売御礼】当店限定「氷室スペシャル」4/12日(金)発売

明日4月12日(金)より「氷室スペシャル」が販売開始です。
大人気「明鏡止水」の当店限定酒の量り売りで、
世界中で1店舗、清水屋のみ販売している超限定品です!

明鏡止水のラインナップの中から「これだ!」というものを、
普段は蔵以外では絶対に飲むことのできない無ろ過生原酒の状態で
当店の為だけに!ご用意していただいています。

毎月お酒の内容を変えてお届けしております。
数量限定の貴重酒につき、売切れ御免となってしまいますが、
この機会にぜひご賞味ください。

◆明鏡止水 m’17 純米大吟醸無ろ過生原酒【4/12(金)発売】[要冷蔵]
 破格の純米大吟醸として人気の高い、通称「m(エム)」
 麹米に山田錦、掛米に美山錦を使用。
 フルーティかつキリリと引き締まった味わい。
 華やかさと明鏡止水らしい透明感を両立した名品です。

 720ml 税込 2,160円(税抜 2,000円)
 ※ご好評につき完売しました。次回入荷は、5月10日(金)です。またよろしくお願いします。

2019.04.11【重要】臨時休業のお知らせ

誠に勝手ではございますが、下記の通り臨時休業をいただきます。

休業日:2019年5月8日(水)
休業店舗:小海本店

※佐久平店は定休日です。

期間中、店舗営業・発送業務・お問い合わせ対応をお休みさせていただきます。
ご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願いします。

2019.03.30商品の値上げについて

毎度お引き立てを頂き、誠にありがとうございます。

さて、当店で取り扱っております一部商品が値上げとなります。新価格、実施時期につきましては以下の通りとなります。何卒よろしくお願いいたします。

●対象商品 : 大信州酒造「大信州 純米吟醸 手の内 生詰」
●新価格の詳細 : 下記参照。
●実施時期 : 2019年4月15日販売分(店頭・発送・配達)より新価格。

大信州 純米吟醸 手の内 生詰   1.8L  3,300円+税
大信州 純米吟醸 手の内 生詰   720ml 1,700円+税

以上

2019.03.30大利き酒会終了のお知らせ

酒舗清水屋 店主小山英浩です。
平素よりご愛顧を賜り、ありがとうございます。
毎年6月に開催して皆様に愛していただいていた『大利き酒会』ですが、
前年平成30年の第7回をもちまして終了する事を決めました。

当初私どもは、この利き酒会を催すにあたり、3つの目標を掲げておりました。
⒈お客様に喜んでいただくため
⒉お客様と酒蔵(酒蔵の志)を繋ぐ役割を果たすため
⒊『酒屋』としての清水屋を知って頂くため
これらの目的は、この密度の濃い7回の会で十分達成できたと自負しております。

そして次のステップです。
我々清水屋一同が新たな1歩を踏み出すため、考える時間と力を蓄える時間を頂きたいと思います。
この会を毎年楽しみにしてくださっていた皆様には大変申し訳ございませんが、
何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

酒舗 清水屋 小山英浩
スタッフ一同