ブログ

7/5(月)メールシステムトラブルのお詫び2021.07.08

いつもお世話になっております。

7/5(月)に当店のメールシステムの一時的なトラブルにより、メールが消えてしまう事案が発生いたしました。
復旧ができなかったため、1名様からのメールに返信ができていない状態となってしまっております。

7/5(月)12時ごろにメールをお送りいただき、当店からの返信がされていない方がいらっしゃいましたら
酒舗清水屋小海本店までご連絡ください。
尚現在は問題なく見ることができております。ご心配をおかけいたしました。

【小海本店】
営業時間:9時半~19時(日曜定休)、電話:0267-92-2044
休業日:7/4(日)、7/11(日)、7/18(日)、7/25(日)

【新発売】佐久市のサンプルーンを使ったビール2021.07.05

日本を代表するクラフトビールCOEDO(コエド)から、
長野県佐久市産のサンプルーンを使ったフルーツエールが登場。
完熟を過ぎたものや傷がついて市場に出せない規格外品となったプルーンが
爽やかなフルーツエールへと生まれ変わりました!

◆夏燦々-Natsusansan-(コエドブルワリー)

熟したサンプルーンの香り酸味。すいすい飲める夏にぴったりな爽やかで軽やかな飲み口。
333ml 税込 438円

コエドブルワリーはビールを通じて農業への支援と持続可能な生産消費形態の確立に向けて取り組みをしています。
詳しくはこちらをご覧ください

【完売御礼】信州醸熱タンクシリーズ2021 7/3(土)販売開始!2021.07.01

本日は、わたしが特に力をいれている「信州醸熱タンク」のご案内です。

「信州醸熱(じょうねつ)タンク」ってなんですか?というお客様に簡単に説明をすると、
当店と長野県内2店の酒屋が企画した、オリジナル限定酒のことです。

日本酒ブームといわれて久しく、家飲みも増えている昨今。
このブログをごらんのお客様には信州の地酒をお楽しみ頂いていることと思います!
ただ、全国的に信州地酒の注目度はまだまだ。

そこで、まだまだ伸びしろのある
「信州地酒の魅力をもっと知ってもらいたい」
「有望な若手蔵元を全力でバックアップしていこう!」
という思いから、とある企画で1位になった信州期待の酒蔵にお酒を特注。
仲間と、なんと仕込みタンクを1本まるごと!!買い上げ、3店舗限定の商品として販売しています。

今年の醸熱タンクは・・・
県内での吟醸造りのパイオニアであり、受賞歴も数知れない実力蔵。
佐久市土屋酒造の「亀の海」です。

以下、蔵元からのメッセージです。
情熱(醸熱)がほとばしる文章、どうか最後までお付き合いください。

【蔵元より】
食中酒としてのアルコール度数(例:ワインは8~13度)に着目。
生もと造りによる酸味・リッチな幅のある甘酸っぱさ、ふくらみのある味わいを13度台の原酒での実現を目指して挑戦しました。
今回のこだわりポイントは蔵内マイナス7℃貯蔵。これは醸熱タンクシリーズ初です!
亀の海らしいフレッシュで上品なリンゴ様の香り、みずみずしく弾ける酸味と米の旨みとの絶妙なバランスを「出荷時期を変えた同スペック飲み比べ」でお楽しみいただきます!
前回分も大好評でした。

◆亀の海 純米吟醸 無ろ過生原酒 生もと造り アルコール度数13度台の原酒Ver[要冷蔵]

前回販売分から蔵内マイナス7℃貯蔵にて、約2か月経過したもの。飲み比べもおすすめ!
 720ml  1,980円(税抜 1,800円)
※完売いたしました。

前回もすごいスピードで完売してしまいましたので・・・どうかお早めにお求めください。
(発送のご注文も承っております)

合言葉は・・・
「冷やでもヤケドするぜ!」