お知らせ

2017.10.6焼酎の味は、○○○の味

鹿児島県鹿屋市から、大海酒造の山下社長がご来店くださいました。
「女房曰く“行き当たりばっちり”の男」がキャッチフレーズの、ユーモアとロマンに溢れた素敵な社長さんです!

大海酒販・山下社長の持論は「焼酎の味は、畑の味」
ワインの世界では「テロワール」≒風土が、ブドウを育ててワインの味をつくり出す、と言う話はよくあります。実は、芋焼酎でも同じなんです。

・畑の土がサラサラなら繊細な味わい
・粘り強い土なら力強い味わい

という風に、原料芋が育つ土の性質が焼酎の味に現れているということです。大海酒造で使う芋は、地元・鹿屋産の契約栽培芋を使っています。ここは火山灰土壌でサラサラな土のため、サラリとした飲みやすさが酒に現れているのでしょう。

裏ラベルには生産者の皆さんの写真が印刷されています。

山下社長のおすすめは、今年新発売されたこちらの商品です。今まで大海酒造では、女性の飲み手を意識した商品が中心でした。こちらは、社長自らが飲みたい焼酎をイメージして造られています。

◆うみ
心地よい香りがゆっくり口中を流れ、香りは満ち足りて深い。水割りやロックはもちろん、お湯割りでも楽しめます。
720ml 1,370円+税、1800ml 2,481円+税(入荷待ち)