ブログ

2017.09.19【重要】勝沼醸造 価格改定について

当店で取扱いの「勝沼醸造」のワインの価格が改定となります。原料ブドウ価格が毎年上昇する中で、今後の安定的な原料確保をするためにやむをえない値上げとなります。お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力と、変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

●実施時期:2017年10月1日より新価格となります
●対象商品と新価格:下記の一覧をご確認ください

商品名 タイプ 容量 一般小売価格(税抜)
アルガブランカ クラレーザ 辛口 375 ¥1,250
アルガブランカ クラレーザ 辛口 750 ¥2,000
アルガブランカ イセハラ やや辛口 750 ¥5,500
アルガブランカ ピッパ 辛口 750 ¥4,000
アルガブランカ ブリリャンテ 辛口・泡 750 ¥5,000
アルガーノ 露是 ロゼ 辛口 750 ¥3,000
アルガ レティーロ デ カタベント フル 750 ¥3,800
アルガ アルカサール フル 750 ¥5,500
アルガーノ 甲州 辛口 750 ¥1,850

 

以上

2017.09.8大人気「幻舞」の限定品

長野県内の女性杜氏の先駆け・千野麻里子さんが醸す「川中島 幻舞(げんぶ)」の限定品が入荷しました。

◆川中島幻舞 HARMONIC EMOTION 生酒(酒千蔵野・長野県長野市)

美山錦49%の純米大吟醸中取りと山田錦35%の純米大吟醸をブレンドした生原酒。
半年間貯蔵することで素晴らしいハーモニーを奏でています。
720ml 2,300円+税、1800ml 4,600円+税

◆川中島幻舞 純米山田錦ⅥⅤ 2017 生酒(酒千蔵野・長野県長野市)

契約栽培の兵庫県産山田錦を使用。幻舞の中では落ち着いた爽やかな香り。やわらかな飲み心地。
720ml 1,250円+税、1800ml 2,500円+税

◆川中島幻舞 純米山田錦ⅥⅤ 2016(酒千蔵野・長野県長野市)

生酒の長期貯蔵による生熟したまろやかな味わい。
720ml 1,250円+税、1800ml 2,500円+税

2017.08.29秋のお酒 第二弾

秋のお酒第二弾入荷いたしました。

▼佐久乃花 秋の純米吟醸

土蔵でひと夏を越し、やわらかい穏やかなコクに仕上がりました。
もうすでに在庫僅か!
価格:720ml 1,500円+税  1800ml 2,600円+税

▼豊香 純米生一本 秋あがり

当蔵ならではの香りは残しつつ、品の良くやわらかに熟成させているのは流石。
コスパ高い人気商品です。
価格:720ml 1,200円+税  1800ml 2,200円+税

2017.08.22「ひやおろし試飲会」のご案内

今年も「ひやおろし」の試飲会を開催します。

「ひやおろし」とは、秋の季節限定の日本酒のことを指し、冬にしぼったお酒がひと夏熟成されて丸みやコクが増しているのが特徴です。
日本酒は熟成させることで香味が整うのですが、それがちょうど秋口にあたるため、「秋あがり」という名称がつけられることもあります。

程よく熟成された日本酒の魅力は、その懐の深さにあります。角が取れて味わいも深まった落ち着いた味わいなので、秋の味覚と一緒に楽しむのにぴったりです。冷酒はもちろん常温やお燗でも美味しいものがたくさんあるので、ますます料理と合わせる楽しみが広がります。
気温が下がってきて日本酒がより美味しく感じる季節に、日本酒もちょうど美味しくなっている―――考えただけで心が踊ってしまうお酒が「ひやおろし」なのです。

多くの日本酒好きが心待ちにしている「ひやおろし」ですが、長野県内は9月9日にひやおろし一斉解禁となります。
当店では、長野県内外で約30種類が入荷する予定です。(秋あがり含む)

「沢山ありすぎて、どれを買ったらいいのか分からない…」
そんな方々に向けてワインコインで参加できる「試飲会」を今年も開催します。
ご家族ご友人お誘いあわせの上ふるってご参加ください。

▼ひやおろし試飲会
長野県内外の「ひやおろし(秋あがり含む)」を約25種類試飲できます。
開催日:2017年9月10日(日)・11日(月)
時間:11時~17時(最終受付 16時30分)
場所:酒舗 清水屋 佐久平店「室(むろ)」
会費:500円(制限時間1時間、予約不要)
持ち物:マイお猪口

※立席形式の試飲会です。おつまみはご遠慮ください。
※会の性質上、今回より制限時間を設けることにいたしました。ご理解ください。

2017.08.21秋のお酒が入荷し始めました

お盆が明けると、やはり佐久は急に秋めいてきますね。
秋の季節のお酒も徐々に入荷しはじめました。
まずは地元の2蔵から。

◆亀の海 夕やけ小やけ 純米吟醸備前雄町

亀の海の秋のお酒は、名前は同じでも、中身は毎年違って挑戦的なものを出してきています。
今年は熱狂的なファンが多い、日本最古の酒米「雄町」に挑戦しました。
雄町の個性と長野D酵母の香味が非常によくマッチ。果実様の旨さたっぷりの自信作です。
価格:720ml 1,600円+税、1800ml 3,200円+税

◆黒澤 穂積(ほづみ) 生酛純米 秋あがり

黒澤さんにしかできない「究極の地酒」の秋バージョンです。
「穂積」とは蔵のある地名。自社栽培米を使い、蔵に住み着く酵母(酵母無添加)で醸した原点回帰の酒。
蔵付酵母仕込みの特性上、毎年個性が異なり、今年は辛口の仕上がりになっています。
価格:720ml 1,250円+税、1800ml 2,500円+税

2017.08.12モダンな七号、ここに極めり!「みやさか 純米吟醸美山錦 氷温熟成生原酒」

信州が世界に誇る銘酒「真澄(ますみ)」の醸造元・宮坂醸造のセカンドブランド「みやさか」の季節限定品が再入荷しました。
「やっぱり真澄はすごい!」そう叫びたくなるような、素晴らしいお酒です。
実際、店頭試飲でお出ししところ、ほとんどのお客様にお買い上げいただく程の稀にみる好評ぶりで思わずニヤリ。
何か買うつもりで試飲して購入するのは自然なことですが、味見だけのつもりだった方や、遂には試飲していない方が(試飲の好反応を見て)購入してしまう程だったんです。

「みやさか」は、蔵のご子息である宮坂勝彦氏プロデュースの元、真澄発祥である「七号酵母の可能性を追求する」ブランドへ昨年生まれ変わりました。
「7」をモチーフにしたスタイリッシュなラベルと、現代的な味わいに寄せているものの従来の真澄ファンも納得させるバランスの良い味わいで、老若男女に支持を広げています。

「今年は昨年のかなり上を行く出来です!」
そう自信満々に話していた勝彦氏の言う通り、現代的な七号酵母の表現として、非常に完成度の高い仕上がりです。

香りはカンキツ・メロン様でクラシックな酵母らしい可憐な吟醸香。
味わいは軽快なモダンタイプ。七号酵母の特徴である酸は、非常にフレッシュ&爽やかな果実味として表現されています。
氷温熟成によりフレッシュさを保ちながらも角は取れ、やわらかな甘みと相まって絹のように滑らかでスルスルと喉を通ります。
開栓直後はカンキツ系の爽やかな酸が印象的でしたが、2日目以降はフルーティな香りと滑らかな口当たりが顔を出します。一晩で飲みきらず、数日かけて表情の変化をぜひお楽しみください。

◆みやさか 純米吟醸美山錦 氷温熟成生原酒

 720ml 1,300円+税、1.8L 2,600円+税
※ご好評につき完売しました。