本物の酒とは

本物の酒とは

本物の酒とはいったいどんなお酒でしょうか。
希少価値のある酒、有名な酒。
私はこう思います。
蔵元に主張があり、
それが酒に現れている事。
すなわち個性がある酒。
そんな酒が本物の酒だと私は考えます。

「信念のある蔵元に信念の酒あり」

当店は信念のある本物の酒をご提供します。

本当の想いを伝えるために

当店は本物の酒を醸す蔵元の信念をお客様にお伝えする事を大切に想っております。

その為には、心を伝えると同時に、蔵元が醸した芸術品・お酒の
管理も万全でなくてはなりません。

氷温冷蔵庫をはじめ、低温冷蔵にて品質管理をしており、
良い状態でお客様にお渡しできる様、日々努めております。

情熱は「醸熱」に


「信州醸熱和酒の会」公式ブログへ

当店の品揃えは、基本的に県内外問わず、信念ある蔵元にお願いしております。

ですが、酒処信州に生まれ、信州で地酒屋を営んでいる今、ましてや戦前は造り酒屋だった歴史のある店を受け継いでいる者としては「信州地酒を盛り上げたい」という血、すなわちDNAが黙っている訳がありません。

同じ想いを持つ蔵元、酒販店と友に、2007年9月、「信州醸熱和酒の会」を設立しました。

信州の地酒が、我々の誇りとなる様、地道に活動しています。