【日本酒】suginomori breweryすぎのもりブルワリー

蔵元・suginomori breweryについて

標高約940m、日本で最も標高が高い良井宿で日本酒を醸しています。1793年に創業した杉の森酒造は、奈良井宿のシンボルとして多くの人に愛される日本酒を醸造してきましたが、2012年に閉蔵し、200年以上の歴史に一度、幕を閉じました。そして2021年、この歴史ある酒蔵は suginomori brewery として再生し標高約1,000mの山から引かれる天然水と地産の米から「narai」を醸しています。今後はお酒を味わっていただいたお客様の声をもとにより良い商品に育てていくとのこと。
蔵の魅力・挑戦など造り手の想いを含めた価値は無限です。

所在地 長野県塩尻市
創業年 1793年
代表者 サンドバーグ弘
杜氏 入江将之
取扱銘柄 narai(ならい)

取扱商品 一覧

  • narai(奈良井) by suginomori brewery

    杉の森酒造narai(奈良井) by suginomori brewery

    要冷蔵

    酒米と精米歩合は計6種でなんとランダム。天然の山水と地産の酒米を杜氏が丁寧に醸した希少な酒。要冷蔵推奨

    720ml:5,500円(5,000円+税) 

    使用米 :金紋錦、美山錦、山恵錦

    精米歩合:非公開

    使用酵母:非公開

※実店舗と並行販売の為、在庫状況が実際と異なる場合もございます。
店頭限定がついている商品は、通販での発送注文はお受けできませんのでご了承ください。